タグ別アーカイブ: soryushi+

素粒子 Works

soryushi+
ぽっぽ町田で開催のマーケット「ハレの芽ぶき」に参加してきました!

ぽっぽ町田で4月12日(日)に開催のマーケット「ハレの芽ぶき」にsoryushi+ として、2回目の参加をしてきました。

お天気にも恵まれ、とても楽しい出会いと共に嬉しい時間を過ごすことができました。

手にとってもらい、そこに込めた想いやその作家の人柄にふれてもらう交流がとても活発なのが、手しごとサーカス団さんの主催するイベントの素晴らしい特徴で、作家さん同士もまた創作意欲が増してくるような刺激や新たなインスピレーション、繋がりをいただく場所でもあるのです。

そして、楽しいのがスタンプラリーです。3店舗で購入すると作家さんの豪華でレアな作品の中から好きなものを手に入れることができるロールプレイング的なおもしろさも提供されます。


 さらに、今回soryushiのkossyが旗を振る活動としてリストウォーマーを東北の仮設住宅にお住まいの方々に送るプロジェクトに、ご賛同いただいたイベント主催者 「手しごとサーカス団」さんのアオヤさん、kinomaru(キノマル)さん、Love…..?(ラブドット)さんをはじめその周りの方々に、毛糸のご提供を頂きました。
さらにこのイベント「ハレの芽ぶき」に向けて毛糸が集まるようお声がけをしていただきその名のとおり、”たくさんの輪” が芽ぶきました。

その芽に、大きな喜びと感動を覚えました。

また、出店していた日の出町の「よんふくcafeさん」にお声掛けていただいて、毛糸募集のお知らせを置かせていただけたりと、皆様に感謝・感謝です。

kossyが、soryushi+ ブースでリストウォーマーをせっせと編み編みしているところ、たくさんの方に声をかけていただきました。
プチ教室になっていて、わいわいと楽しそうでした。
完成したリストウォーマーを実際につけていただいて、これほどまでにあたたかいものなのかぁと体感していただくこともできました。

その中で、おはなしが盛り上がった地元の村松さん。
ご自宅まで片道徒歩40分かかるというのに戻り、終了の17時までに間に合うようにと、いそいで毛糸をご持参して駆けつけてくださりました。
毛糸を受け取ったシーンを見たとき、その温かさに「うるっ」とすると共に、お預かりした毛糸を責任持って編み、輪を繋ぎ、届け、そしてその過程を見届け、記録していこうと強くおもいました。

このイベントの魅力は、まだまだありまして語り尽くせないのですが、そうした場をつくっていただいた、手しごとサーカス団の皆様、soryushi+ブースに立ち寄ってくださった方々、参加された作家の方々に心より感謝申し上げます。

スライドショーには JavaScript が必要です。

引き続き、東北リストウォーマー ニット部の活動のため毛糸のご提供を承っております。
ご参加・ご提供いただいた方のお名前のリストやニット部・毛糸ご提供についてのページも制作中ですので、またsoryushiサイトをのぞきに来て下さい!

soryushi+ 「彩りパレット」 at ぽっぽ町田へ参加しました

はじめての町田でのイベント参加でした。

たくさんの方が来場し、soryushiブースもにぎわいました!
お寄りいただいたみなさま、ありがとうございました。

てづくりが身近にある方や地元の方とおはなしが盛り上がったり、作家さんとの新たな出会いもありました。

今回も作品をきっかけに、人と人が繋がったり、再会する場になりました。
そこでは、たくさんの嬉しそうな笑顔を見ることができます。
それを原動力に・・・
そしてまた出会える機会を、たのしみにしております!!

 

soryushi 富士の麓音楽祭に出店します!

富士の麓音楽祭に出店します。
楽しい作品を持って行きます。よろしくお願いいたします!

日時:2014年4月26日(土)
開場/10:00 開演/12:00(21:00終了予定)
雨天決行(※荒天により中止になる場合があります)
場所:ハートランド・朝霧 (静岡県富士宮市根原228番地)

公式ホームページ:http://www.fujion.jp
facebook ページ:https://www.facebook.com/fujinofumotoongakusai

soryushi+「MAKE LIFE AT 219」展を開催しました

表参道にあるギャラリーニイクさんとのコラボレーション企画
MAKE LIFE AT 219」展ではたくさんの方々に作品を手にとっていただきました。

作家がギャラリーで手仕事したり、一緒にお茶をしてお話したり、オーダーメイドでご注文を頂いたりと、テーマでもある「つくる」を身近に感じていただけたシーンもありました。

食卓をイメージした作家作品の仕事ぶりやアイディア・創造、遊び心等たのしい個性が発揮され、同時に同じ世界観を共有していたことがうれしかったです。

また次回のイベントでたのしい作品をお見せしたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします!