カテゴリー別アーカイブ: exhibition

ありがとうございました!! : 264≒FUROSHIKI+-×÷展

2013-08-30 18.43.40
「264≒FUROSHIKI+-×÷展」 は、
終了いたしました。

ご来場いただいたみなさま。
当サイトに来てくださったみなさま。
行きたかったのに・・・!!というみなさま。

まことにありがとうございました。
感謝申し上げます。

たくさんの「へーっ!」という驚き、「どうやってつくっているのですか?」という探求、
「たのしい!」という感情、「もっと、もっと!」という可能性と出逢うことができました。

作家さんごとに、FUROSHIKI 作品をまとめました。
CREATOR 素粒子+ からぜひご覧ください。

つくることがだいすきなユニット「素粒子」で、
またたのしい機会をつくりたいと思っていますので、どうぞよろしくお願い致します!

素粒子:facebookpage

LINEで送る

丹民族おたん(服飾作家)作品紹介です : 264≒FUROSHIKI+-×÷展

Exif_JPEG_PICTURE
作品紹介です。

展示会の企画がうまれるきっかけのなかで、ふろしきって、なんでふろしきなんだろ?と。
風呂で敷くから風呂敷じゃない?とひとこと言った時、「あ~!」となにか不思議な感覚を覚えました。
包むものと、用途ばかりが浮かんでお風呂の連想なんて全くしてこなかったのです。疑問にも思ったことがなかったことに気づいたのです。

そういう漢字を書くのだから、そのままのルーツがあるのだと、後付けで知った歴史でした。
風呂敷と漢字で知っていながら、=包むという用途への無意識な概念を、壊して意識することであらたな見え方、発見があるのではないかというのが、今回コンセプトなのです。

古くは「平包」とも呼ばれていて、いまでは風呂敷の包み方のひとつとして名が残っているとのことです。
お風呂に衣服を平包みをして持参したものを風呂敷と呼び、江戸時代庶民に普及して今に名が残っているのです。

現代は銭湯へ行くことが少なくなり、お風呂と風呂敷の関係性が見えずらいですが、
そこを豆絞りや、刺し子などを丹民族おたん風にユーモア含めアレンジして、由来を連想させるテーマで
作品作りをしてくれました。
本来の風呂敷とは!というメッセージで私たちの無意識の概念を溶かしてくれます。

「264≒FUROSHIKI+-×÷展」の象徴とも言える、深い作品なのです。

LINEで送る

2013/08/29のWorkshopです : 264≒FUROSHIKI+-×÷展

本日のワークショップです。

26日(月)にいらして、「時間がたりないよー!」 ということで、本日仕上げをしに来てくれました!ししゅうでスターとハートを仕上げ、原毛でポンポンをつくって髪留めにも出来るようにゴムをつけたりブローチになるようにピンをつけたり。かわいくできました!
葉っぱをスタンプにしちゃうアイディアが出てきました!葉脈もみえます。なるほど~と、楽しませていただきました。
そして、和風のデザインがとてもきれいなお二人です!それぞれ富士山、あじさいをモチーフにとてもきれいにペインティングされていました。「すごいたのしい!!」と、盛り上がっていただきました!
そしてそして、ししゅう講座と、くるみボタンです。お子様のためにバッチにしました。
チェーンステッチとてもきれいです!
それからそれから、水色が芸術的な兄弟です!ぱぱのバースデープレゼントを。FUROSHIKI 仲良く4等分です。思い切りの良さが、ケタはずれでした!!!

もっともっと、お写真見たい方は Album ページへどうぞ!

LINEで送る

つくチャンのいつもの FUROSHIKI bag のつくりかた : 264≒FUROSHIKI+-×÷展

tukuwa textile: のつくチャンのいつも愛用しているFUROSHIKI bag のつくりかたを教えてもらいました!
☆撮影:竹松貴幸 (鞄職人<弟子>)

Exif_JPEG_PICTURE
①表側を下にして置きます。端を2辺持ちます。
Exif_JPEG_PICTURE
②一回結びます。
Exif_JPEG_PICTURE
③腕が入るくらい、隙間をあけて2度結びます。
Exif_JPEG_PICTURE
④出来上がりです!!
是非、つくってみて下さい。
LINEで送る

竹松貴幸 (鞄職人<弟子>)作品紹介です。 : 264≒FUROSHIKI+-×÷展

竹松貴幸 (鞄職人<弟子>)竹松貴幸、作品紹介です
「渡邊鞄」さんで、修行をしています。

こちらは、FUROSHIKI のための革の持ち手です。今回の展示のために、特別に作っていただいたレアな作品です。
販売価格は、¥1,890 です。

もちろん、FUROSHIKI に限らず、ご自身のお気入りのテキスタイルを結ぶだけで、バックになります!

ほかにも、アイディア次第でいろいろとつかえそうです!

そしてこちらは、な、なんと!2度おいしいのです!

長さが、「短く」も「長く」もなるのです。

スナップで調整すると手持ちでも、肩がけでも楽しめます。私たちの願望を試行錯誤を経て、バッチリと叶えてくれました。
仕事もとても丁寧です。
重なる箇所は革を剥(す)いて薄くしてあり、見えないところにも手間をかけております。

色が、ナチュラル、ブラウン、レッド、カーキ・・・あります。一点しかおつくりしてないカラーもございます。
FUROSHIKI との組み立て方は、とても簡単です。ご案内いたしますので是非ご覧ください。
お待ちしております。

LINEで送る

tukuwa textile: 作品紹介です! : 264≒FUROSHIKI+-×÷展

RIMG0111.JPG RIMG0114.JPG

tukuwa textile: の作品を2点紹介いたします。

カラフルなFUROSHIKI は、
はがきサイズのシルクスクリーンをレイアウトしてプリントを何度も何度も手作業で重ねています。
放射状に広がっているので包んだ時はとても美しいです!壁に飾りたい!という声も、聞きます。

きれいなブルーのFUROSHIKI はシルク素材に絞りをいれてあります。
海の中の空気の粒のような流れを感じます。

作家サイトのメイン写真の
「hana-to-kawa」シリーズのFUROSHIKI も置いております! 私、愛用中です!

LINEで送る

はじまりました! : 264≒FUROSHIKI+-×÷展

nory「264≒FUROSHIKI+-×÷展」 スタートいたしました!

作家さんの作品のご紹介です。

nory の女の子のししゅうです。
じつは、お相撲さんモチーフもあるのです。
なんとも、かわいい表情です!!

ししゅう糸一本でししゅうされてるのですが、あまりにもきれいで、プリントされてるかのような緻密さなのです。ぜひ、間近でご覧頂きたいです。

その緻密さと、モチーフのギャップに脱帽です!

LINEで送る

お待ちしております! : 264≒FUROSHIKI+-×÷展

展示会準備今日は、準備してまいりました。
作品、初のお披露目です!!
とても魅力的な作品が、たくさんそろいました☆
感動です!!

創造するチカラは偉大です。

みなさまの創造するチカラを掛けたら
更に楽しいモノになるかと思います!!

ぜひ、足をお運び下さい。お待ちしております。

LINEで送る