home

264≒FUROSHIKI+-×÷展

2013.08.24 sat. - 08.30 fri. at Gallery 219
12:00 - 19:00 (最終日は17:00まで)
Gallery 219( ギャラリーニイク)

日本の伝統文化ふろしき。
時代に合わせて用途もデザインも変化をとげてきました。
敷く、包む、運ぶ、などの機能性。
縁起担ぎや願いを込めた文様。

平面の四角い布の可能性は無限です。
新たな表情を見せてくれる≒FUROSHIKI に、
包まれにいらして下さい。お待ちしております。
展示・販売・Workshop 行います。

素粒子+

nory (ししゅう)
丹民族おたん (服飾作家)
やました たかこ (手芸作家)
竹内 マイコ (パタンナー・衣装製作)
tukuwa textile: (テキスタイルデザイン)
竹松貴幸 (鞄職人<弟子>)
kossy (縫製技術者)
haru (企画運営)

   Gallery219 MAP

Blog All Category

ありがとうございました!! : 264≒FUROSHIKI+-×÷展

2013-08-30 18.43.40
「264≒FUROSHIKI+-×÷展」 は、
終了いたしました。

ご来場いただいたみなさま。
当サイトに来てくださったみなさま。
行きたかったのに・・・!!というみなさま。

まことにありがとうございました。
感謝申し上げます。

たくさんの「へーっ!」という驚き、「どうやってつくっているのですか?」という探求、
「たのしい!」という感情、「もっと、もっと!」という可能性と出逢うことができました。

作家さんごとに、FUROSHIKI 作品をまとめました。
CREATOR 素粒子+ からぜひご覧ください。

つくることがだいすきなユニット「素粒子」で、
またたのしい機会をつくりたいと思っていますので、どうぞよろしくお願い致します!

素粒子:facebookpage

LINEで送る

2013/08/30のWorkshopです : 264≒FUROSHIKI+-×÷展

本日のワークショップです。

昨日展示を見に夕方来られて、ありがたいことにワークショップの為に本日再来訪していただきました。
秋色のスタンプのFUROSHIKIです。レイアウトが素晴らしく上手で、つくったスタンプ達でこんな表現ができるのか・・・と感動しました!!!

元気いっぱいの素敵な親子さんは、ハンドペインティングで中央から放射状に・・・。とてもきれいなFUROSHIKIに仕上がりました!
笑いが絶えずとても楽しそうでした!!

くるみボタンにししゅうとボタンのコラージュです!スターのスタンプを押してシルバーの糸でししゅうを。
くるみボタンに、コラージュするボタン選びも楽しそうで何よりでした!
久々のししゅうとのことでしたが、集中モードであっという間に仕上がりました!髪留めで利用します。

ご姉妹でくるみボタンを作りに来てくれました。夏休みの最後の思い出です!
生地を選び、くるみボタンを組み立てて、いざ型からぽん!と外した時とても嬉しそうでよかったです!
ひとつは髪留めにしました。すぐに髪につけて見せてくれました!かわいくできました。

本日は、最終日でワークショップの時間が少なかったのですが、とてもたのしい作品を見せていただきました。ありがとうございます!

LINEで送る

丹民族おたん(服飾作家)作品紹介です : 264≒FUROSHIKI+-×÷展

Exif_JPEG_PICTURE
作品紹介です。

展示会の企画がうまれるきっかけのなかで、ふろしきって、なんでふろしきなんだろ?と。
風呂で敷くから風呂敷じゃない?とひとこと言った時、「あ~!」となにか不思議な感覚を覚えました。
包むものと、用途ばかりが浮かんでお風呂の連想なんて全くしてこなかったのです。疑問にも思ったことがなかったことに気づいたのです。

そういう漢字を書くのだから、そのままのルーツがあるのだと、後付けで知った歴史でした。
風呂敷と漢字で知っていながら、=包むという用途への無意識な概念を、壊して意識することであらたな見え方、発見があるのではないかというのが、今回コンセプトなのです。

古くは「平包」とも呼ばれていて、いまでは風呂敷の包み方のひとつとして名が残っているとのことです。
お風呂に衣服を平包みをして持参したものを風呂敷と呼び、江戸時代庶民に普及して今に名が残っているのです。

現代は銭湯へ行くことが少なくなり、お風呂と風呂敷の関係性が見えずらいですが、
そこを豆絞りや、刺し子などを丹民族おたん風にユーモア含めアレンジして、由来を連想させるテーマで
作品作りをしてくれました。
本来の風呂敷とは!というメッセージで私たちの無意識の概念を溶かしてくれます。

「264≒FUROSHIKI+-×÷展」の象徴とも言える、深い作品なのです。

LINEで送る

2013/08/29のWorkshopです : 264≒FUROSHIKI+-×÷展

本日のワークショップです。

26日(月)にいらして、「時間がたりないよー!」 ということで、本日仕上げをしに来てくれました!ししゅうでスターとハートを仕上げ、原毛でポンポンをつくって髪留めにも出来るようにゴムをつけたりブローチになるようにピンをつけたり。かわいくできました!
葉っぱをスタンプにしちゃうアイディアが出てきました!葉脈もみえます。なるほど~と、楽しませていただきました。
そして、和風のデザインがとてもきれいなお二人です!それぞれ富士山、あじさいをモチーフにとてもきれいにペインティングされていました。「すごいたのしい!!」と、盛り上がっていただきました!
そしてそして、ししゅう講座と、くるみボタンです。お子様のためにバッチにしました。
チェーンステッチとてもきれいです!
それからそれから、水色が芸術的な兄弟です!ぱぱのバースデープレゼントを。FUROSHIKI 仲良く4等分です。思い切りの良さが、ケタはずれでした!!!

もっともっと、お写真見たい方は Album ページへどうぞ!

LINEで送る

つくチャンのいつもの FUROSHIKI bag のつくりかた : 264≒FUROSHIKI+-×÷展

tukuwa textile: のつくチャンのいつも愛用しているFUROSHIKI bag のつくりかたを教えてもらいました!
☆撮影:竹松貴幸 (鞄職人<弟子>)

Exif_JPEG_PICTURE
①表側を下にして置きます。端を2辺持ちます。
Exif_JPEG_PICTURE
②一回結びます。
Exif_JPEG_PICTURE
③腕が入るくらい、隙間をあけて2度結びます。
Exif_JPEG_PICTURE
④出来上がりです!!
是非、つくってみて下さい。
LINEで送る

竹松貴幸 (鞄職人<弟子>)作品紹介です。 : 264≒FUROSHIKI+-×÷展

竹松貴幸 (鞄職人<弟子>)竹松貴幸、作品紹介です
「渡邊鞄」さんで、修行をしています。

こちらは、FUROSHIKI のための革の持ち手です。今回の展示のために、特別に作っていただいたレアな作品です。
販売価格は、¥1,890 です。

もちろん、FUROSHIKI に限らず、ご自身のお気入りのテキスタイルを結ぶだけで、バックになります!

ほかにも、アイディア次第でいろいろとつかえそうです!

そしてこちらは、な、なんと!2度おいしいのです!

長さが、「短く」も「長く」もなるのです。

スナップで調整すると手持ちでも、肩がけでも楽しめます。私たちの願望を試行錯誤を経て、バッチリと叶えてくれました。
仕事もとても丁寧です。
重なる箇所は革を剥(す)いて薄くしてあり、見えないところにも手間をかけております。

色が、ナチュラル、ブラウン、レッド、カーキ・・・あります。一点しかおつくりしてないカラーもございます。
FUROSHIKI との組み立て方は、とても簡単です。ご案内いたしますので是非ご覧ください。
お待ちしております。

LINEで送る

2013/08/28のWorkshopです : 264≒FUROSHIKI+-×÷展

本日のワークショップもみなさま、「たのしい!!」と喜んでいただきました!!
まことにまことに、ありがとうございます。

ゆかたに合わせたい!という想いでつくられた FUROSHIKI bag にはレザーの持ち手を合わせていただきました。とてもご本人に似合っていて素敵でした!

8歳のそうたくんは、絵がとても上手で見ないでもスラスラと自転車やカブトムシをかいていました。
スタンプも気に入ってもらえたようです!「もっともっと!たのしいんだもん!!」という言葉がとてもうれしかったです。

nekoのイラストがトレードマークの方には、ひよこのスタンプもつくっていただいちゃいました!
たくさんのスタンプをサクッとピックアップしてあっという間に色を決め、レイアウト上手でした。
イラストが描けるって、うらやましいです!

いっしょにものづくりをすると、喜びや楽しさが倍々です。

LINEで送る

facebookでご紹介いただきました! : 264≒FUROSHIKI+-×÷展

うれしいコメントありがとうございます!

LINEで送る

tukuwa textile: 作品紹介です! : 264≒FUROSHIKI+-×÷展

RIMG0111.JPG RIMG0114.JPG

tukuwa textile: の作品を2点紹介いたします。

カラフルなFUROSHIKI は、
はがきサイズのシルクスクリーンをレイアウトしてプリントを何度も何度も手作業で重ねています。
放射状に広がっているので包んだ時はとても美しいです!壁に飾りたい!という声も、聞きます。

きれいなブルーのFUROSHIKI はシルク素材に絞りをいれてあります。
海の中の空気の粒のような流れを感じます。

作家サイトのメイン写真の
「hana-to-kawa」シリーズのFUROSHIKI も置いております! 私、愛用中です!

LINEで送る

2013/08/27のWorkshopです : 264≒FUROSHIKI+-×÷展

my FUROSHIKI Workshop 楽しんでいただいたようで良かったです!
見ている私たちもとても楽しませていただきました!みなさま発想豊かです。

親子で仲良くスタンプ、ペイント、とてもかわいいお絵描きをしていただいたり、
ささーとキャラクターを描いてしまう方。

まっさらな四角い生地に一筆入れるまで、迷ったり慎重に考えていたのが
一筆いれてしまうと、どんどんアイディアが浮かんできて夢中になって止まらなくなったり。。。

手を動かすことで、次のアイディアがあふれるように湧いてきたり
失敗を恐れずおもいっきってやってみたり・・・と、
発見がたくさんありました!

LINEで送る

楽しい時間はあっという間に。。。 : 264≒FUROSHIKI+-×÷展

welcome!FUROSHIKI 、あっという間に完成でした!

closeの時間が迫っていたにもかかわらず、
すてきに仕上げていただきました!

これがまた不思議で、初めてお会いしたのに言葉なくすぐにツーカー(!!)で
共同作業できてしまうのです!
協力してマスキングテープ貼りをして、インクをポンポン軽快に押しながら
楽しくお話させていただき、そのかたわらで頭の中ではデザインやレイアウトを考えていらっしゃるという
とても濃い時間でした。

すてきな物作りをされている方で
とても楽しいひとときでした。
mishim ミシン  http://mishim.com

デザインは、限られている情報やリソースを整理して決断をしていく作業の繰り返しです。
実践されている方の、パワーをいただきました。

また、ぜひお会いできることを楽しみにしています!!
ありがとうございました。

LINEで送る

ストライプ&スタンプ! : 264≒FUROSHIKI+-×÷展

stamp生成りのガーゼに半分、ストライプを。

残りの半分のふちどりに編み目記号のスタンプを
おしおし・・・。

包み方次第で、表情が変わって楽しかったです!

じつは、この生地はこの方のドレスを作成したときの生地のつづきなのです。

with memories
愛着ある生地との再会でした。

大切な、今までとこれからの時間の流れを
いつの日か、このFUROSHIKI が思い出すきっかけになってくれれば、うれしいです。。。

私が力いっぱい押した「×(こま編み)」が・・・
濃いっ!!

LINEで送る

FUROSHIKI なひととき : 264≒FUROSHIKI+-×÷展

design!かほちゃん、my FUROSHIKI のデザイン中です!!

とても、キラキラした視線で素材をぎんみして、楽しそうに、わいわい設計図をつくっていきました。

お弁当を包むから・・・こうなってこうなってと、立体から配置を決めてスタンプを押して、コラージュもしていきました。

kaho
こちらが、完成した作品です☆

結んだ時にひきたつミニミニリボンがんばりました!

とっても素敵に出来ました!!すごい!!

お別れする時ずっと、うれしそうに手を振ってくれました。その姿がとても、うれしかったです!

すてきなつくり手さん、将来楽しみです。

LINEで送る

はじまりました! : 264≒FUROSHIKI+-×÷展

nory「264≒FUROSHIKI+-×÷展」 スタートいたしました!

作家さんの作品のご紹介です。

nory の女の子のししゅうです。
じつは、お相撲さんモチーフもあるのです。
なんとも、かわいい表情です!!

ししゅう糸一本でししゅうされてるのですが、あまりにもきれいで、プリントされてるかのような緻密さなのです。ぜひ、間近でご覧頂きたいです。

その緻密さと、モチーフのギャップに脱帽です!

LINEで送る

お待ちしております! : 264≒FUROSHIKI+-×÷展

展示会準備今日は、準備してまいりました。
作品、初のお披露目です!!
とても魅力的な作品が、たくさんそろいました☆
感動です!!

創造するチカラは偉大です。

みなさまの創造するチカラを掛けたら
更に楽しいモノになるかと思います!!

ぜひ、足をお運び下さい。お待ちしております。

LINEで送る

巻きロック、アクセル全開です。 : 264≒FUROSHIKI+-×÷展

巻きロック
ロックミシンをかけてます。
巻きロックで、Workshopで選べるFUROSHIKI の
端の処理をしています。

久々でむだに、ふかしてます(笑)

巻きロックは、
生地の端の始末の方法のひとつです。

こちらの生地はボーダー部分がスケルトンで軽やかです。
やわらかいのでストールやショールにも使えそうです。
もちろん荷物が増えたら・・・包んで、結いて「FUROSHIKI」 です。

LINEで送る

丹民族おたん (服飾作家)FUROSHIKIできた? : 264≒FUROSHIKI+-×÷展

おたんの水玉
おたん : 「水玉は永遠の憧れです!」

水玉ってひとことで言ってもたくさんあるなぁと思いました。大好きな模様のひとつです。

探してみると、おたんちゃんの水玉は和柄の
「霰(あられ)」模様のよう!と思いました。

「霰(あられ)」は不規則な、◯(まる)。
空から降ってくる小さな氷の粒です。

たくさんの表現にあてはまる、「ものの名」の表現が日本にはあるのだなぁ。 ・・・イトヲカシ!!

LINEで送る

FREEHAND!! : 264≒FUROSHIKI+-×÷展

ペベオ フィンガーペイントテキスタイルWorkshop 追加です。
ハンドペイントと布用クレヨンが利用できる「Freehand(手描き)」です。

こちらはテキスタイル(布)に指でペイントできる、
ぺベオさんのフィンガーペイント・テキスタイルです。

皮膚に浸透しない成分で作られていて、
お子様向けにヨーロッパの安全基準に適合しているので安心です。

大人になっても、絵具を手にとって描くというのはワクワクしますね!
なにが描かれるのかなぁと、どんなメッセージを込めるのかなぁと・・・とても楽しみです!!
そういった思い出ができて、永く大切に手にしてもらえることを願います。。。

LINEで送る

便利なのです! : 264≒FUROSHIKI+-×÷展

useful竹松さん(鞄職人<弟子>) 作の便利グッズです。

こちらは、ふろしきを結んでバックにできる
皮の持ち手パーツです。

たくさんのわがままリクエストに応えていただき完成した力作です!!
なんと、ツーウェイなのです!!!
264≒FUROSHIKI+-×÷展で詳しくご案内します。
お楽しみにです。

LINEで送る

ワークショップのFUROSHIKI : 264≒FUROSHIKI+-×÷展

wpid-2013-08-15-17-10-06_deco.jpg「my FUROSHIKIをつくろう!」ワークショップで選んでいただく生地です。

シフォンのようなやわらかい透け感のあるものから、ニットもあります。
スタンプやはぎれコラージュなどなどで遊んでいただけるキャンバスです。

ふろしきとしてはもちろん、テーブルクロスやストール、エコバックなど素材に応じて用途も変幻自在です。

見て、さわってご自身と相性ピッタリくるものがありますように!

LINEで送る

ニット生地を素材に戻す : 264≒FUROSHIKI+-×÷展

Reuseニット生地をカットしてます。

余ってしまった生地や着なくなった服を糸状にして編んだり、織ったりして再利用することで新たなものが生まれるのは、たのしいですね。

素材から完成されたものがまた素材に戻ることでたくさんのアイディアが浮かんできます。

こちらの糸はワークショップで指編みして「ひも」をつくります!

 

LINEで送る

WORKSHOP INFOページを更新しました。 : 264≒FUROSHIKI+-×÷展

Do It YourselfWorkshop_info ページのご案内がまとまりました。
「つくりたいな!楽しそうだな!」 と思っていただけるものがあれば嬉しいです!

FUROSHIKI という枠を超えて、しかくい素材として捉えていただくと
違った角度からデザインができそうですね。

スタンプや素材・パーツのくみあわせは無限です。
ぜひ作家さんの作品とともに、楽しんで下さい。

LINEで送る

ロゼットです : 264≒FUROSHIKI+-×÷展

ロゼット Workshop
ロゼットとは、平らで放射状・螺旋状の構造を表す言葉です。
地面根っこ近くに葉をつけるタンポポなどは、バラの花冠に似てることからロゼット型の植物と呼ばれるようです。
同じように中央から放射状に広がる花装飾も
ロゼットと呼びます。
日本だとあの、赤と白の卒業式によく見る
来賓バッチもロゼットになりますね。

一本のリボンを放射状にたたんで丸くしてみたいと思います。

四角いものも、丸くおさまるというのがおもしろいですね。
なんでも、そうなるといいですね。
なーんてうまいこと言って(笑) ・・・そんな願いを込めたいと思います。

四角い FUROSHIKI にトッピングです。

こちら、サンプルで、ブローチになります。
Workshopでつくっていただけます。
スタンプしたり、ご自身のお気に入りのボタンをつけてもいいですね。

詳しくは近々Blog Workshop_info ページにアップいたしますので、またお越しください。

LINEで送る

LINEで送る